最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

新書太閤記(七) (吉川英治歴史時代文庫)

  • 14 読みたい
  • 40 現在読んでいるもの

発行元 吉川英治 .

    Download 新書太閤記(七) (吉川英治歴史時代文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 新書太閤記(七) (吉川英治歴史時代文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 新書太閤記(七) (吉川英治歴史時代文庫) 無料で, 本の無料読書 新書太閤記(七) (吉川英治歴史時代文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 新書太閤記(七) (吉川英治歴史時代文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉川英治
    • レーベル:  吉川英治歴史時代文庫
    • シリーズ名:  新書太閤記
    • 発売日:  2012年11月10日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000004161
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    天正十年春、信長は得意の絶頂にあった。東方の脅威だった武田氏はわが蹂躙に沈み、天下統一の道は西国を残すのみ。その西国も、秀吉が高松城を包囲し、着々戦果を挙げていたが、救援毛利勢の動き如何では、覇業に頓座をきたすとも見えた。かくて信長出陣。だが出陣にも似ぬ軽装は、信長一期の不覚といえた。運命の本能寺! 鞭を揚げて東を指したのは、逆臣光秀であった。

あなたも好きかもしれません

新書太閤記(七) (吉川英治歴史時代文庫) by 吉川英治 ダウンロード PDF EPUB F2

ページの捲りも文字の大きさも特に特徴はありませんが問題無く読めます。
まだ全部は読んでいないので詳しいコメントは出来ませんが。
豊臣秀吉や織田信長他この時代が特に好きなので一から読んでます。
私と同じようにこの時代が好きな人は読まれても良いのではと思います。